Home
News
Company
FAQ
Recruit
Contact

New-Entries

今週のお花(*´꒳`*)

こんにちは(*´꒳`*)

インストラクターayakaです。

 

3月スタート‼

今日は少し暖かくなるようですね~♪

 

早く暖かい春が来ないかなぁ。。

歩道の雪が早く溶けて欲しいなぁ。。と

毎日思うばかりです^^;

 

 

今週も素敵なお花達が

スタジオに届きましたのでご紹介☆

 

 

*アマリリス*

かわいい春色のピンクです♡♡♡

 

 

IMG_8246

 

 

3月もみなさまのお越しを

スタジオにてお待ちしております٩( ᐛ )و

 

 

ではまた〜☆

ayaka

生活&ストレス管理を制する者に女神が微笑む

こんにちは、gearです。 時間は刻々と過ぎ、久々のブログ更新となりましたが、残す札幌、長野養成開催までの間は […]

今日は夕方から雪です〜

こんにちわ

セラピスト小川です。

今日は、晴れから雪へ

また、冬に逆戻り〜ですか〜

今年の冬は暖かめでは、ありますが

寒暖の差が激しいみたいです泣

気温の差が激しいと、

身体も壊しやすいですよね。

マッサージ後の身体は、身体も血液の

流れが良くなって循環が

良くなってます。

施術後は、お帰りの際もお気をつけ

ください☆

暖かい服装して来てください♡

お待ちしております♡

HOT40yoga spa loung BLISS 小川

 

 

 

 

 

 

継続する大切さ

こんにちは!
バリニーズセラピストのHITOMIです。

最近ヨガ以外にハマっていること。
身体作りの前に変な癖を取り、自分の身体を目覚めさせるメソッドを取り入れています。

IMG_20170220_115507_819

手や指のストレッチも載っていて、左手の指の感覚が目覚めました!

どんなにいいメソッドでも継続していくことが大切なので、毎日コツコツ続けていきます。

マッサージにも同じことがいえます。

冷えや肩こりが慢性的に続いていらっしゃる方は1回だけで解消せず、継続していくことで効果がみられることもありますので、キャンペーンやポイントカードを利用されてぜひ継続されて下さいね。

 

2017春Sridaiva WS東京申し込み開始です。

FB広告_0114

お待たせ致しました。デジー、ジョン先生をお招きしての春のシュリダイヴァヨガ東京WSの内容が決まりましたのでアップします。今年は2つのレクチャーと土曜日にはスペシャルイベント「花いけ×ヨガ」を行います。花道家上野雄次さんをゲストに桜の花いけパフォーマンスと講演も行います。桜の花を自分の内側でも咲かせて行きましょう!詳しくは、http://livewellworld.com/sridaiva_yoga/2017-sridaiva-japan-tour-tokyo/

2017年温故知新

温故知新

温故知新

img_3129

 

 

謹賀新年
あけましておめでとうございます。
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
今年も例年同様、大晦日は新潟市の護国神社に二年参りに参拝し、年越しは古町の宗現寺にて新年瞑想会で年を越しました。毎年そこでの神様からのお言葉と、住職からの一言が何であるかを楽しみにしているのです。今年の護国神社の四字熟語は「温故知新」でした。私も好きな一言でした。そういう意味では当たり前で、何だか新し目にかける「なんだー!」という感じ。
 
その後の宗現寺のお坊さまのご挨拶。坐禅中は無心になるべきなのに敢えて「今年はいつもと違って過去のことを思い描き、そこから自分の可能性を広げて行きましょう」と言われていました。
毎年思うことですが、お寺さまと神様が話す内容が被ることが多いので驚きます。つまり、お寺さまも「温故知新」を唱えておられました。
 
そこで「温故知新」を新ためて調べ直してみました。色々な意味がありますが、一般的には「過去を学ぶ中に、新しい発見がある」という意味だそうです。私は、小さい時から「古い考えを学び、同時に新しい考えも身につけることが大切、何事もバランス!」と捉えて使っていました。私のような捉え方は渋沢栄一の書籍にも書かれているようですからその捉え方も正しいのだと思います。ちなみに護国神社の解説には「進歩と伝統」と解釈がありましたから私風の解説でした。
 
お寺さまも今年新年に言われていたように「いつもと違うようにやってみる」「過去を思い返す」ことが何かの2つ目のキーワードだと思い「温故知新」の他の捉え方がないかを考えてみました。
 
ヨガ的に考えるとどうでしょう。
 
ひとつは私のように伝統と進化を両方共に重んじることが重要という解釈です。
 
二つ目は、温故の意味合いです。温めるという言葉は素直に考えればただぼーっと温めること。また、故は「理由」です。つまり理由は深く考えずにただぼーっと感じていればそこに新しい自分を知ることができる、とも解釈できます。瞑想中に過去のお湯の中に静かに鎮座することの大切を解いているようにも思われます。
 
三つ目は、故という言葉の意味を変えてみる。故は死です。つまり、死ぬことから新しさが生まれるとも解釈できます。何も無いことを作り出す、無心から新しいものが生まれるという意味です。
「故」という文字を「過去の情報」と捉えるか「無 何も無いこと」と捉えるか。それによって解釈は反対のものになりますが、そもそもの温故知新の教え通り、過去の言い伝えてを伝授しながらも新しい発想を思い描くことが大切だと思います。過去の教えを大切にしながらも、常にそれに甘んじず、新しいものの捉え方、違うやり方でもやってみる。
 
今年一年、「温故知新」の教えを忘れずに精進していきたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

Live Well Co.,Ltd All right reserved.